2011年2月21日月曜日

LREdit ツリーペイン、プロジェクト機能の実装中

LREditに、ツリーペインおよびプロジェクト機能の実装中だ。

ツリーペインには、プロジェクトに登録されているファイルのほか、アウトライン解析の結果や、ブックマークの一覧や、編集したファイルの履歴など、さまざまなアイテムを1つのツリー構造として表示することが可能。

プロジェクト機能は、EmacsやVimでは標準でサポートされない機能だが(だよね?)、Grepの範囲を指定するのに使ったり、ブックマークを保存したり、追加のTAGSファイルを覚えたり、といった具合に、作業の効率を上げるのに重要な機能だ。

いまのスクリーンショットは下のような感じ。




ツリーのUI部品は、例によって独自実装の部品だ。最終的には、インクリメンタルサーチなどのキーボード操作をサポートし、独自実装の強みを活かしたものになる予定。

0 件のコメント:

コメントを投稿