2011年3月17日木曜日

keyhac ver 1.29 公開

keyhac ver 1.29 を公開した。

変更点は以下のとおり。


1.29
  • クリップボードチェインの後続へのメッセージの転送をやっていなかったのを修正。
  • クリップボードのチェイン切れ監視処理を軽量化。
  • そのほかクリップボード周りの処理を一部見直し。
  • クリップボード履歴ウインドウを表示するときに、フォーカスウインドウが見つからない場合 があるのに対応
クリップボードの履歴が更新されなくなる場合がある問題への対策が中心だ。

Windowsのクリップボードビューアの仕組みは、他のアプリが正しく実装されていることが前提となっており、他のアプリの動作によっては、クリップボードチェインが切れてしまう場合がある。
そういった状態に陥ったことを監視するために、GetClipboardSequenceNumber() を使って定期的にチェックする必要があった。
そのほか、keyhac & pyauto の実装がまずかった箇所もあったので、それも修正した。
チェイン切れが発生したときにMessageBoxが表示される動作は今回はそのまま残してある。

今回、メールやTwitterで問題の解析や対策についてアドバイスをいただいて非常に参考になった。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿