2012年4月15日日曜日

内骨格 ver 2.18


内骨格の ver 2.18 を公開した。
https://sites.google.com/site/craftware/cfiler


2.17は公開し忘れていたので、今回、変更内容が2つ分だ。


2.18
  • キー入力条件を文字列 ( "C-Return" や "Shift-F10" など ) で指定するようにした。
  • CheckDuplicate コマンドの動作の高速化。(ファイルの先頭部分のハッシュ値比較を用いる)
  • タスクが実行中に内骨格が終了しようとしたとき、タスクをキャンセルしつつ、ウインドウを出したままでタスクの完了を待つようにした。
  • Migemo を使ったインクリメンタルサーチが、エラーになってしまうのを修正。
2.17
  • WindowsXP の 描画問題 (http://support.microsoft.com/kb/436093/ja) の回避はやっぱり必要だったので復活。
  • インストールディレクトリや設定保存用ディレクトリのパスに、日本語の文字が含まれていた場合、エラーが発生していたのを修正。
  • filter_Subversion を若干高速化。.svn ディレクトリの下は特別処理するようにした。
  • ドキュメントを整備 (Pythonのコードブロックに色をつけるなど)

0 件のコメント:

コメントを投稿