2013年4月29日月曜日

LREdit ver 1.56

LREdit ver 1.56を公開した。

https://sites.google.com/site/craftware/lredit

1.56
  • 1.55 で Ini ファイルが読めなくなっていたのを修正。
  • White テーマのとき、Compare 機能の差分箇所の色が Readonly の背景色と一緒になってしまっていたのを修正。

keyhac ver 1.48

keyhac ver 1.48 を公開した。

https://sites.google.com/site/craftware/keyhac

1.48
  • モディファイアが押されっぱなしになってしまう問題を修正。 (TRUのときも、Input.send() を使ってキー入力生成処理を行うようにした。)
 

2013年4月28日日曜日

LREdit ver 1.55

LREdit ver 1.55を公開した。

https://sites.google.com/site/craftware/lredit

1.55
  • 選択範囲を全角文字化/半角文字化するコマンド、ToZenkaku ToHankaku を追加。
  • lredit_usernamespace.call() を callConfigFunc() に変更。
  • Mode の staticconfigure() 中のエラーで起動が失敗しないようにした。
  • コマンドの info 引数に、None が渡されるケースがあったのを修正。CommandInfo が渡るようにした。
  • Duplicate した文書の編集時、もう片方のペインが再描画されないのを修正。
  • アイコンのサイズのバリエーションに足りないものがあって、ディスプレイのDPI設定によって表示されないことがあったのを修正。
  • TextEditWidget を ckit に移動。ついでに、文言テーブルや config.py を扱うモジュールも ckit に移動。
  • Iniファイルのロードに失敗する問題の調査のために、エラー発生時にメッセージボックスを表示するようにした。

2013年4月26日金曜日

LREdit で フォントサイズを変更するコマンド

LREdit で フォントサイズを変更するのは、通常、設定メニューから行いますが、
以下のようなコマンドを用意すると、コマンドラインから変更できるようになります。


    #----------------------------------------------
    # FontSize command

    def command_FontSize(info):
        if len(info.args) >= 1:
            try:
                size = int( info.args[0] )
            except ValueError, e:
                print "ERROR : invalid font size"
                return
        else:
            size = window.ini.getint( "FONT", "size" )
            size = window.inputString( u"Size", str(size), [] )
            try:
                size = int(size)
            except ValueError, e:
                print "ERROR : invalid font size"
                return

        window.setFont( unicode(window.ini.get("FONT","name"),"utf8"), size )
        window_rect = window.getWindowRect()
        window.setPosSize( window_rect[0], window_rect[1], window.width(), window.height(), 0 )

    window.launcher.command_list += [
        ( u"FontSize", command_FontSize ),
    ]



頻繁にフォントサイズを変更する人用。
(プレゼンにテキストエディタを使う人とか。)