2017年10月29日日曜日

Keyhac for Windows ver 1.77

Keyhac for Windows ver 1.77をリリースしました。

https://sites.google.com/site/craftware/keyhac-ja

1.77

  • Moved to Python36 from Python35.
  • The command which is returned from ActivateWindowCommand now returns found Window object or None.
  • Added applying_func property in WindowKeymap class. This is a callback function which is called just before applying the keymap.


11 件のコメント:

  1. # 埋もれたかもしれないのでこちらにも転記します.

    お世話になっています.
    1.75以来(?)の不具合と思しき現象があるのでご報告させてください.

    私はWzEditorをEmacsモードで使っており,WzEditorはKeyhac対象外になるよ
    うに設定しています.

    しかし最近のバージョンを使っているときに限り,WzEditorのコピペがおかし
    くなります(Ctrl-kなどを行っても1回はクリップに取り込まれない,というよ
    うな不可解な動き).Keyhacを落とすとこの現象は起こらなくなります.ある
    いはゆっくり操作してもこの現象は起こらなくなります.また1.72に戻しても
    この現象は起こらなくなります(とりあえずこれで自分は満足ですが).

    クリップボード処理に関係した処理変更(例えば以下)が関係しているのではな
    いかと思っています.

    > Changed clipboard monitoring method internally.
    > (SetClipboardViewer -> AddClipboardFormatListener)

    出来れば今後の最新版で問題解決されているとありがたいです.

    返信削除
  2. レポートをありがとうございます。
    こちらでトラックいたします。
    https://github.com/crftwr/keyhac/issues/28

    もし、Keyhacのクリップボード機能が不要である場合、下のようにすると無効にすることができます。

    # Enable clipboard monitoring hook (Default:Enabled)
    keymap.clipboard_history.enableHook(True)

    返信削除
  3. 一日一回程度、keyhac(1.77)が固まります。そうなるとキー操作はデフォルトに戻り、タスクバー左端に表示されている keyhacのアイコンを右クリックしても何も起こらず、左クリックでメニューも表示されなくなります。この状態は、以降タスクマネージャでkeyhacプロセスを殺して再起動しない限り続きます。

    固まるときはほぼ日本語入力(Microsoft IME)中で、急に数秒間入力できなくなるのでわかります。その後入力できるようになった時は、そのような状態になっています。

    環境:Win7(x86_64)、Windows update は全て適用済み

    頻繁に起こるわりに再現条件が明確に分からず、報告を躊躇っていましたが、こういう現象があるということだけはお知らせすることにしました。これだけだと修正は難しいことは重々承知しています…もしなにか分かりましたらお知らせします。

    返信削除
    返信
    1. こちらではそういった症状は起きてないのですが、configの内容によって起きてないか疑ってみるのがいいかもしれません。例えば、configをインストール直後の状態に戻しても問題が起きるでしょうか?

      削除
    2. 失念していました、fakeymacs を変更せず使っています。
      https://raw.githubusercontent.com/smzht/fakeymacs/master/config.py
      もしかしたらこちらの不具合かもしれませんね。先方への報告を検討してみます。ありがとうございます。

      削除
    3. fakeymacs を公開しているものです。
      私は Google 日本語入力を使っているのですが、keyhac のフリーズは
      発生したことがありません。Microsoft IME を使用中に発生するとの
      ことですので、Microsoft IME との関連でなにか問題が発生しているの
      かもしれません。再現する方法が分かれば、fakeymacs の設定が影響
      しているか確認できるのですが..。よろしくお願いします。

      削除
  4. keyhac(1.77)を使用中、特定のブラウザ・Webフォームで、半角・全角キーでの入力方法変更時にTAB文字が挿入されます。

    環境:Win7(x86_64)、Windows update は全て適用済み、Windows IME 使用
    問題発生条件:Google Chromeで https:/mail の Webベースメーラにアクセスし、メール作成時の本文フォームで半角・全角キーを押す(他フォームでは問題は起こらない)

    他のフォームでも同じようなことが起こったことがあるのですが、どこで起こったかわからなくなってしまいました…。再現のためにyahoo Japan のidが必要になります、申し訳ありません。
    また、同じ上URLをFirefoxで開いた場合は問題は起こりません。

    返信削除
    返信
    1. あれれ、URLが消えました… https://mail.yahoo.co.jp/ です。

      削除
  5. chromeのctrl+hで履歴が表示されてしまうのに悩まされて、ここに来ました
    autohotkeyだとうまくいかなかったのに、こちらだと解消されました
    これなら移行できると思ったのですが、問題が発生しました

    まず前提として、ctrlの二回押しで起動するアプリを常駐させています
    そしてkeyhacで「LWinキーにctrl+無変換」を設定しています
    設定は問題なく出来ていて機能するのですが、二回連続して押すと前途アプリが起動してしまいます
    autohotkeyでは問題が発生していないので、keyhacの問題と思われます
    問題の回避方法はありますか?

    返信削除
    返信
    1. たけたけさん、

      そのアプリケーションがCtrlキーの2回押しをどのように判定しているのかにもよるので、はっきりと答えにくいのですが、そのアプリは、Ctrl+無変換 -> 完全に離す -> Ctrl+無変換 とやった場合、起動するでしょうか?

      削除
    2. >そのアプリは、Ctrl+無変換 -> 完全に離す -> Ctrl+無変換 とやった場合、
      >起動するでしょうか?

      手動でやった場合、何度か試しましたが起動しませんでした
      また、意図的に
      無変換を押す→ctrlを押す→無変換を離す→ctrlを離す→ctrlを押す→無変換を押す→ctrlを離す→無変換を離す
      とした場合も起動はしません
      これはautohotkeyを使用する/しないに関わらず、起動しませんでした

      ctrl+無変換を連打した場合、何度めかはわかりませんが起動しました
      2連打を複数回試した場合は起動を確認できません
      LWin(ctrl+無変換をautohotkeyで割り当て)を高橋名人ばりに1分ほど連打し続けても、起動は確認できません

      また、当然だとは思いますが
      無変換を押しっぱなしにしてctrlを2回押せば、起動します

      削除